2012年06月23日

脳梗塞による手足のこわばりを治す

左脳に軽い梗塞のある患者さん 入院して二週間経過、右手がこわばって硬くなって居ました。また右足の踏ん張りが効かなく歩行は危険な状態でした。南流整体術に伝わる江戸時代の小児マヒ治療術「さすり」を施術したところ5分くらいして手が柔らかくなりました。そして「ぐう・ぱ」が出来るようになりました。理学療法によるリハビリに勝るとも劣らない伝統の術の素晴らしさを実感しました。院長の嬉しい体験でした。
南龍整体術ミロク気功整体院 河本馨
http://www.ab.auone-net.jp/~miroku/



posted by miroku at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。